金澤岳選手引退試合

 出会いがあれば別れもある・・・。

 今年のプロ野球界は引退する名選手が多い。マリーンズも同じである。そのひとり金澤岳選手の引退試合が10月4日にZOZOマリンスタジアムで行われました。

 金澤選手は2002年ドラフト6位で矢板中央高校(栃木県)から入団。得点圏にランナーがいると勝負強いバッティングをみせてくれた選手でありました。

 この日は、6回に代打で登場しレフトフライとなりました。そのままマスクをかぶって唐川投手と西野投手の球を受け、2イニング無失点に抑えました。最終打席は三振で終わりました。

 試合終了後にはチームメートから胴上げされました。

 金澤選手16年間ありがとうございました。

This entry was posted in 選手関係. Bookmark the permalink.

Comments are closed.